ブログお休みします

大変申し訳ない連絡ですが、ブログの方を少しの間お休みします。

 

入社して1年、新入社員も入ってきていよいよ新人とは言えない状態になってしまいましたが、部署異動したい旨を直属の上司に相談、もといい報告しちゃいました!

 

ということで、部署異動のため資格取得勉強をしなければなりません。

 

ゲーム実況やラインのスタンプ作成、等々ネット収入で生きていくと宣言しましたが、それはもう少し先の話になりそうです。

 

まあ資格の勉強といいつつ、新環境になったシャドウバースを狂ったようにやっており勉強なんて一切していないです(大嘘)。マスターポイント全然たまらない、クッソ!

 

話を戻すと、私の方でも色々と考えた末の部署異動。

 

とは言っても、件の資格が6月頭までに取れていることが部署異動の最低限の条件。

加えておくと、他の同期と比べて1年ぶんの実績が少ない計算になるので、上記取ろうとしている資格以外にもう一つくらいは取得していないと厳しいかもしれないという神の通告をいただいております。

 

ということで、残り半月で一つ、1ヶ月でもう一つくらい取得できればいいなと思っております。どちらも簡単な資格で、ないよりかはましかなというレベルですが、しっかりと取得して行きたいと思います。

 

冒頭でも申し上げた通り、資格取得のため勉強をするのでしばらくの間ブログは休止もしくは、更新ペースを落とします。

 

一応IT系のネタで書きたいものがありますので、今週時間があれば、どこかで書きます。少なくとも記憶の新しいうちに書きたいので、来週土日のどちらかで書こうと思いますのでお楽しみに。

気分転換にはやっぱり部屋の模様替え

つい先日病院へ行って、精神安定剤を処方されました。

そのおかげか、仕事の方が一山終えて、気が楽になったおかげか吐き気の方はだいぶ楽になりました。まあ完治までとはいかないんですけどね。そりゃさすがに2日3日で治るようなものでもないでしょうからね。

 

ところで、私、めでたく社会人歴1年目を突破して、2年目となりました。私の代は4月1日が土曜日でしたので、3日が始業。つまり本日で勤務歴2年目です。

 

入社直後は新人研修ということで平凡な毎日。研修終了後は経験を積ませるために小粒な案件でストレスだって許容範囲内。

 

しかしある日突然地獄はやってくるのです。大体半年前から始まった新規プロジェクト。社外秘てんこ盛りなので詳しいことは話せませんが、めちゃくちゃストレスがたまる。第一に入社半年の私に、要件定義から設計をやらされる。鬼のようにダメ出しされ、何度もやり直し。そのため、製造やテストにかけられる時間が限りなく少ない状態で、納期ギリギリになって毎日12時までの残業。一応三六協定はしっかり守るという方針なので月の残業時間は45時間でしたが、休憩時間も仕事していたので、実際はもっと多くなります。休憩なんてとっていたら終わりません。

 

そんな怒涛の半年を過ごし、ようやく地獄のプロジェクトも終焉に近づいてきました(実際は4月の下旬で終了)。

今は受注元が検収作業を行っているので、定時で帰れていますが、バグなどが出てしまえばまた残業地獄です。

 

バグが出ないことを祈りつつ、定時で帰れている今を楽しむとしましょう。

 

で、前置きが長くなってしまいましたが、今日は1周年記念に今度の休みに模様替えでもしようとか寡作して執筆します。

 

私の部屋は1Kのロフト付きです。ロフトは万年床で寝室として扱っていますが、このロフトに一工夫を入れたいと考えております。

 

一工夫といっても寝室以外の用途、例えば物置にして生活空間を広くする、動画編集やゲームなどの趣味ルームにする。

 

ロフト部分の天井はかなり低いので、椅子に座ってPCとかはかなり難しい状態です。私はあぐらをかいたり、正座したりすると膝が痛くなってしまう、体育すわりだと今度はお尻が痛くなってしまう、さらに体が硬いので足を延ばしながらは腰などに負担がかかってしまう、という鬼のように面倒くさい体をしているので長時間の作業となれば椅子は必須。

 

物置にしたらしたで、生活空間と寝室一緒になってしまい、個人的にあまりよろしくない。

 

何かいいアイディアがあればぜひ教えていただきたいものです。

とりあえず構想が固まったらまた記事に挙げたいと思います。

【目指せ禁煙】タイトル詐欺だけどしょうがないよね

目指せ禁煙シリーズは会社員として働いている間は辞めて記録することだけにしたので、本日も本数報告です。

3月が終わったので、最終報告の報告です。

 

  本数 本数(前日までの合計) 箱換算(前日までの合計)
2018/03/26 13 333 16.65
2018/03/27 13 346 17.3
2018/03/28 15 361 18.05
2018/03/29 14 375 18.75
2018/03/30 13 388 19.4
2018/03/31 13 401 20.05
  目標値 360 18
  オーバー 41 2.05

 

平日休日問わず13〜15本ですね。合計値は約400本で2箱オーバー。とは言ってももう意味がないですね。

 

今月は残業が多く、ブログ自体も更新できていませんでした。残業に加えてさらに体調の悪化などが重なり若干本数が増えてしまったのではないかと思っています。

 

体調の方はこれまで仕事まえの朝や仕事中だけに発症していたものが、休日にも症状が出始めましたのでタバコを吸っている間と、アニメを見ている間だけ嫌なことを忘れることができます。

 

しかし、タバコを吸いすぎると余計に具合が悪くなることがありますが、そこはほどほどにしつつ本数が増えるという矛盾。

 

ストレスが増えるとニコチンを欲しやすくなってしまうのか、はたまたニコチンに犯されているのか、まあ後者だと思いますが、会社を辞めたらちょっとずつ本数を減らしていうことは思っていますが、それがいつになることやら。

 

ということで今回はここまです。

 

ブログの更新ペースは残業が減り次第回復させて行きますのでご了承ください。

ゆうメンタルクリニックへ行ってきた

前々から仕事のストレスで体調で悪い悪いといっていましたが、本日ようやく病院へ行ってきました。

 

どこの病院へ行ったかといえば、タイトルの通り、「ゆうメンタルクリニック」です。

なぜ病院の固有名詞を上げたかといえば、「マンガで分かる心療内科」という漫画の原作者が医院長を務めている病院なのです。

失礼ながら私は漫画は未読ですが、「アニメで分かる心療内科」というアニメ(マンガで分かる心療内科が原作のアニメ)からゆうメンタルクリニックの存在を知りました。

 

ぶっちゃけ自宅からちょっと遠いのですが、すぐに予約が取れた精神科、心療内科ゆうメンタルクリニックなのです。自宅近くにも精神科、心療内科はあったのですが、どこも初診は2週間先で、なかなか予約が取れない状態です。

 

今体調が悪いのに、すぐに病院へ掛かることができなければ意味がないのです。

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由という本を読んだのですが、ここで使われていた表現にピッタリのものがありました。

 

かいつまんで説明すると、

『包丁を持った危ない人が近くにいたら、危険だと思って普通逃げますよね?

ブラック企業で働いている人も同じです、傷を負うのが一瞬か時間がかかるかの違いだけです』

 

傷を負うのが一瞬かじわじわ来るかの違い。例えとしては無理やり感がありますが、結構これは的を得ていると思います。

 

ちなみに「死ぬくらいなら会社辞めれば」という本も「マンガで分かる心療内科」という漫画の原作者の方が書いた本で、エピソード部分は漫画形式で、解説はしっかりとした文章でとても読みやすいし共感できるもので、私のように仕事で悩んでいる人におすすめです。

 

それで、ゆうメンタルクリニックに行ってきた話に戻ります。

 

まず病院へ行くと、初診ということで症状の説明の記入やカウンセリングを希望するかなどを記入します。

 

私はネットで予約していったのですが、それでもやっぱり15分ほど待ちました。でも予約していたからこそ15分で済んだわけですよね。心療内科は2週間先まで予約とれないことが多いので、それに比べたら全然我慢できる時間ですね。


問診票記入後は医師の方に症状の説明。仕事のストレスによるものだと思う事を説明したら、精神安定剤を処方するのでそれで様子を見てみましょうと言うことになりました。


その後は、ここ1週間について食欲はどうか、眠れるかなどの身体的や精神的なアンケートの記入。あとはバウムテストと呼ばれる、1本の樹を描くテストと採血で終わりました。時間にして1時間ちょっとです。


まとめると、薬で様子を見ましょう、採決の結果は次回という事でた。しかし、薬で症状が改善しなく、悪化するようであれば休職を勧める事もあるとのことでした。


私もやっぱり将来の事が心配なので、可能なら休職避けたいところでしたのでそれに同意しました。


ぶっちゃけ今のプロジェクトが終われば残業は改善されると思われるのですが、残業は些細な問題で、人間関係に嫌になっているのでしばらく改善は見込まれないですね。


しばらく薬で様子を見ていくので、また何かありましたらご報告したいと思います。

【目指せ禁煙】全然目指していない禁煙物語

もうこの記録になんの意味があるのかわからなくなってきましたが、とりあえず記事としてあげておきます。

 

前回から昨日までの本数チェックです。 

  本数 本数(前日までの合計) 箱換算(前日までの合計)
2018/03/17 14 216 10.8
2018/03/18 14 230 11.5
2018/03/19 11 241 12.05
2018/03/20 11 252 12.6
2018/03/21 14 266 13.3
2018/03/22 11 277 13.85
2018/03/23 13 290 14.5
2018/03/24 15 305 15.25

 

どこが休日でどこが平日なのかもうよくわかりませんね。しかし、見た範囲ですと、23日の金曜日以外、目標達成できていそうですが、そもそもの目標本数を忘れました。

 

ここまで記録してわかったのですが、禁煙無理だな。

 

もう禁煙することやめます。

 

またいつか禁煙目指す日が来ることを願って記録は続けて行きます。とりあえず、会社辞めたありに辞める方向で考えて行きます。

 

どうしようもないクズ日記でした。

#44日村がゆく!を見て

最近残業続きで更新できずに申し訳ございません。

しばらく残業続くと思うので、更新頻度は少なめですが、暖かい目で見守っていただければと思います。

 

それで本日の記事は、「日村がゆく」を見ての感想になります。

#44のAV業界に革命を起こした人物の物語!これを見て色々と考えたり、思うことがあったので記事に起こそうと思いました。

 

番組内容について書いていきますので、ネタバレは極力控えますが、ネタバレ待って! という方は以下リンクより先にご覧になってください。

(バラエティにネタバレ?ってどうかと思いますが)

abema.tv

 

 

今回はドキュメンタリー

サブタイトルにある通り、ドキュメンタリー風に偉人の功績を紹介していく番組内容となっております。

 

ドキュメンタリーといえばVTR。VTRといえばいもD。

そうです。日村がゆくはいつもVTRのナレーションは名物ディレクターのいもDが行ってそこで笑いを取っていましたが、今回は違います。

重厚な雰囲気のナレーションと演出で、偉人がいかにして偉人と呼ばれるまでに至ったのか紹介していく一般的な手法(私のイメージ)を用いていました。いもDファンとしては少々寂しいところもありますが、今回に限っては重厚な雰囲気が重要な前振りとなっていました。

 

この辺りについてはやはり実際に見ていただきたいので、控えますが、まさかあんな重厚でお固そうナレーションからあんな言葉が出てくるとも思わず吹き出してしまいました。サブタイトルからある程度予想はできると思いますが。

 

笑いを取りに行きつつも偉人についの人生も語っている

幼い頃からPCに触れて才能をメキメキと発揮していた偉人だが、それは学生までの話。企業に就職してからは、偉人以上の技術知識を持った人がゴロゴロといたため挫折を味わう。しばらく引きこもり生活を続けていたが、あることがきっかけで、ある分野(AVなんですけど)で画期的な発明をしその市場に革命をもたらすまでになった。

話の内容的にはこのような感じですね。

一度人生のどん底に突き落とされてからの再起復活物語。王道といえば、王道かもしれませんが、とても勇気を与えてくれるシチュエーションであることには変わりありません。

だけど、ドキュメンタリーというものを見ても、運が味方してくれるのもそうですが、やはりもともと本人に才能があったので成功できたというパターンが多く、正直なところ、それを見て私も何かに挑戦しようとは思いませんでした。しかし、今回は違いました。

今回のドキュメンタリーも偉人に才能があったことはもちろんなのですが、その偉人が挫折から這い上がろうと、挑戦しようと思ったきっかけが面白すぎてとても笑えました。こんなバカバカしい理由でここまでのことを挑戦できるのだと勇気をもらえたからです。(バカバカしいという表現は深く謝罪します。私の語彙力がないことをお許しください)

 

まとめ

今仕事で本気で悩んでいる私に、色々と考えることのきっかけをいただけました。私がもし今の仕事を辞めた時でも、物事に本気で取り組めばどうにかなるものではないのかと思えるようになりました。どんなにバカバカしいことでもいいので、これだけは人に負けないと言えるようなことを見つけていこうかと思います。

タバコのメリット・デメリット

目指せ禁煙というシリーズで記事を書いている身、もちろん私は喫煙者です。

タバコなんて、臭いし、汚れるし、健康にも悪いイメージしかないと思いますが(実際そうなんですけど)、少なからずメリットもあります。
本日は、そんなタバコの数少ないメリットを紹介しようと思います。

 

タバコのメリット

タバコを吸っている人になれる

意味わからないですね。それもそうですよね。喫煙者なんだからタバコ吸っている人ですよね。
しかし、ここでいうタバコを吸っていると言うのは、例えば飲み会などの場合です。

以前に私は会食恐怖症だと言ったと思います。それに加えてお酒も飲めないときた。
食事もダメ、お酒もダメに加え、会話も苦手なコミュ障の三重奏。

そこまで来ると普通の人ならボーとするしかありません。しかし、喫煙者ならタバコを吸っている人になれるのです。
烏龍茶などをすすっていれば、一人でウーロンハイ(烏龍茶)を嗜む人ですよ。
タバコを吸っていれば無理にお酒や食事を取る必要もないですし、分煙叫ばれている現代なら、喫煙室にエスケープという方法もあります。こうすることで自然とワイワイ楽しそうにしている輪の中に入っていけなくても自然ですね! 会話の輪に入る方が100倍今後のためにも、健康のためにもいいのですけどね。

 

精神統一ができる

イライラや何らかの不安に押しつぶされそうな時に、タバコを吸うととても落ち着きます。ニコチン切れからの一服で落ち着くのだろと思われた方、まあ正解ですが、それだけではありません。

私の経験則を含む憶測になりますが、ニコチン切れからの一服でイライラが解消するので、ニコチンとは全く別のイライラでもタバコを吸うという行為自体にイライラ軽減効果がつくようになるのです。例えば、自分の要領の悪さにイライラしたり、重要な案件の仕事を任されて不安な時など、とりあえずタバコ吸えば、リラックスできます。
多分、タバコ吸っていなかったら私はこのブログを書くことなく天に召されていたと思います。
ユラユラ揺れる煙と、ぼおっと光る火。これを見ていれば、精神統一とまで言っていいのかわかりませんが、少なくとも気を紛らわすことが簡単にできるようになります。
だけど、もう一度言いますが、これはあくまで私の経験則の話です。

 

タバコのデメリット

言わずとも、デメリットなんてわかりますよね。
ついでにタバコのデメリットについても、書いておきましょう。
臭い(部屋・口臭・身につけているもの)
汚れる(部屋・歯・身につけているもの・爪)
金銭的問題(高い)
健康に悪い(自分も、自分の周りの人々に対しても)
デメリットは他にも様々なものがあるかもしれませんが、代表的なものはこんなところでしょう。詳しく説明しなくとも、お分かりだと思うので、詳しい説明は割愛しますね。

 

まとめ

デメリットに対してメリットが些細ですね。もう吸ったら最後、後戻りできないとはなりませんが、相当な努力が必要になります。

私自身もタバコのデメリットしっかりと把握しているので、禁煙を目指しているわけですので、しっかり禁煙できるように頑張っていきたいと思います。