大学生おすすめPC

白銀のRyzen死亡。
Windowsクリーンインストール実施した管理人。

 

昨日の記事で、アマゾンのサイバーマンデーセールについての記事を書きました。ポイントアップ対象外の商品でも、条件を満たせば最大5000ポイント還元されます。

www.amazon.co.jp

 

推薦などですでに大学入学が決まっている人は、このセールを機に大学で使用するパソコンを購入してはいかがでしょうか。

もちろん、大学からの案内がまだ届いていないという方は無理して購入しないほうがいいですが、そうでない人は今のうちに買ってしまうのはありだと思います。

 

ちなみに私は情報系学科卒のバリバリの理系です。情報系学科なので、プログラミングやネットワーク系などの授業で使うのはもちろんのこと、レポートを書くのにも使いもます。

ガジェットマニアの私がおすすめや注意点をまとめますので、購入迷っている方は参考にしてください。

 

大学生協のパソコンはNG

大学生協のパソコンは絶対に購入してはいけないと、この手のブログではよく見かけますね。

私も購入はお勧めしません。理由はやっぱり値段ですね。無駄にハイスペックな上に、無駄に手厚いサポート。私が無駄だと思っている部分に魅力を感じるのであれば、購入してもよいのでしょう。

スペックについてですが、用途は主にレポートを書くことくらいで、授業で使うことがあっても初歩学習が大半でそこまで重たい作業はしません。重い作業をする際は大学にあるデスクトップで作業することがほとんどです。ノーパソにスペックを求めるのが間違えです。

続いてサポート。これも無駄に手厚いです。自分でわざとぶっ壊しても、無料で新品と交換してくれるようなサポートも存在します。実際に私が大学生のころ、先のようなサポートがありました。その分スペックに見合わない高額な値段設定でした。

サポートは確かに大事ですが、ぶっ壊れて交換という流れになったら、すぐに交換品が届くのか不明だし、ストレージ不良で初期化されていたらソフトのインストールも面倒です。ぶっ壊さないように使うのが基本です。

 

OSはWindows 10

個人的偏見で申し訳ないのですが、女子大生とか無駄にMacにしたがります。もちろん大学側の指定でMacが必要ならわかります。しかし、たいていの場合はWindows推奨で、大学で使われるソフト類はほとんどWindows用ですし、両対応でもWindows前提で授業は進みます。

レポートを書く際に使われるMSofficeですが、大学側で提供しているofficeがMac用も提供しているか確認する必要も出てきます。まあ最近はoffice365のオンラインで配布する形態だと思うので、そこはあまり気にする必要はないですけどね。

とはいっても就職したらほとんどWindowsです。たとえMacをメインで使ったとしても、取引先がWindowsなら最適化する必要があるので、結局Windowsは使います。そういった意味で、学生のうちに慣れておくことが大切だと思います。

ちなみにWindowsといってもWindows 10を選択しましょう。ないとは思いますが、Windows7や8、8.1は絶対にNGです。7は来年にサポートが切れるし、8や8.1は使い勝手が悪いです。ソフトの対応OSは7、8、8.1、10をサポートしている場合がほとんどですが、たまに7、10にしか対応していないものがあります。理由は察してください。

ということで間違っても7や8、8.1を購入するのはやめておきましょう。中古品でもない限りありえないですけどね。

 

必要なスペック

一番重要なCPUですが、おすすめはCore i5です。最低はCore i3です。仕事で以前にCeleronのノートパソコンを使っていたのですが、Excelのアドオンを入れたら重たすぎて使いものになりませんでした。4年間使うことを考えると、最低Core i3ですね。i5までくれば安心です。i7は性能を発揮する作業をまずしないので、不要です。

続いてメモリーですが、おすすめは8GBです。最低は4GBです。サブで使っているSurfaceのメモリが4GBですが、そこまで重たくなる感じはありませんので4GBあれば十分かなとは思います。

とはいっても、最近のノートパソコンは軽量化のためか後からメモリを増設することができない機種が多くなってきています。そんな機種の場合は8GBを選んでおいたほうが安心です。

最後にストレージですが、これは次の項目で詳しく説明します。

 

ストレージはSSD

まずは以下のリンクをご覧ください。「大学生協 パソコン」と検索して出てきたサイトです。

online.univ.coop

ストレージについて書く予定はなかったのですが、上記のサイトはストレージにHDDを積んだものが存在します。個人的にありえなさ過ぎてビビりました。今時ノートパソコンにHDD積んでいるとか時代錯誤もいいところです。

私が大学生のころは120GBのSSDが1万円以上した時代でしたので、まだHDDが主流でしたが、現在は500GBで1万円切るのが当たり前の時代です。SSDを積んでいないマシンは論外です。

ちなみにSSD推奨の理由として、読み書きが早い点に加えて、振動に強いからです。自宅から大学まで持ち運ぶ機会が多いので振動に強いという点はかなりポイントが高いです。

容量の目安ですが、250GBが一番おすすめです。120GBですと、OS領域やらソフトウェア、設定ファイルやらであっという間に圧迫されます。250GBあればデータの保存領域を考慮しても足りると思います。

 

重さとモニターサイズ

重量についてですが、ほぼ毎日持ち運ぶものと考えるとできるだけ軽いものがいいですよね。しかし、軽いものだとモニターサイズが小さすぎて使いづらいことがあります。

モニターサイズ:13インチ

重量:1.5kg以下

 目安で書きましたが、重量の1.5kgでも結構重いです。ギリギリ許容範囲の数字というだけで、理想は1kg前後です。

軽いマシンの特徴としては、徹底的にシンプルなものですね。DVDドライブなし、LANポートなしなどのマシンは薄くシンプルな分軽いです。大学側でDVDドライブやLANポートが必須な場合は、外付けのものを買いましょう。以下の商品リンクは一例です。大体2000円前後で買えます。

DVDドライブを使う場面と言ったら、大体初回の授業でソフトをインストールするときくらいです。年に1,2回使うかどうかなので、外付けで十分です。それに最近ではオンライン配布が主流になってきているので、そもそも使わない可能性のほうが高いです。

マシンが薄くなると映像出力ポートも削ってきます。大学ではVGA規格のプロジェクターに接続することが多いので、変換ケーブルがあれば困りません。一例としてHDMIVGAに変換するアダプターのリンクを貼っておきます。 

 

個人的おすすめPC

HP ENVY 13 製品詳細 - ノートパソコン | 日本HP

Lenovo ノートパソコン ideapad 330S 

上記の2点がおすすめです。CPUは第8世代のCore i5にメモリも8GB、ストレージもSSDの250GB以上をそれぞれ搭載しています。重量は若干重いかなとは思いましたが、10万円だとこのくらいかなとは思いました。

 

管理人の経験則

もっと予算を絞りたい方は、楽天や価格コムを調べてみるといいと思います。方落ちのモデルならかなりお安く購入できると思います。実際に私も大学に上がる前は楽天で型落ちのモデルを購入して4年間生き抜きました。

私が大学に入学する前にパソコン用意してくださいとのことで、推奨スペックが書かれた資料をもらったのですが、めちゃくちゃオーバースペックだったような気がします。core i7要求してた気がします。

こんなハイスペック何に使うんだよって思っていましたが、ぶっちゃけそこまでの処理を要求する作業は一切しませんでした。授業や所属する研究室などによっては必要なのかもしれませんが、たいていの場合は専用の教室や、研究室に据え置かれたマシンを使うことがほとんどなので、資料まとめること以外誰もノートパソコンに期待していません。

おそらく大学側がCore i7を要求したのは、万が一にでもスペック不足で動かないということを回避したいからではないかと思います。でももうちょっと精査しろよなとは思いますけどね。

 

とはいっても、大学からもらっている推奨スペック以外のモデルを購入する場合は自己責任でお願いします。

【悲報】サイバーマンデーセール全くほしいものがない

早く帰れた日に限って列車遅延。
悲しくて泣きそうな管理人です。

 

12/7から始まっているアマゾンのサイバーマンデーセール。皆様は何を買われたでしょうか。

 

大幅な値引きはないように見えますが、ポイントアップ対象の商品と同時購入すれば、ポイントアップ対象外の商品でもOKという点で、実質的には安くなっているんでしょうね。

私もこれを機に大きな買い物をする予定でしたが、ほしいものがいくつかあります。白銀のRyzenPCを作って金欠なので、複数あるほしいもののうち1つだけ購入します。

 

管理人がほしいもの その1 -ウルトラワイドモニター-

私が今欲しいものといえば、白銀のRyzenPC用にウルトラワイドモニターの購入を考えていましたが冷静になって考えてみれば、現状のデュアルモニターで満足しているので今焦って安物買いの銭失いするよりも、お金貯めて有名メーカーのものを買ったほうが良いと思い購入を見送る予定です。

 

管理人がほしいもの その2 -タブレット-

で、ほかに欲しいものといえば、タブレットです。

今私が使用しているタブレットiPadの第4世代モデルです。なんと発売日はびっくりの2012年11月です。もう6年前の骨董品ですね。おそらく、このモデルを最後にiPadのホームボタンの四角いマークが消えます。

 

ありえないくらい年代物なタブレットを使っているのですが、いい加減スペック的に限界です。スリープから復旧するのにもレスポンスが悪い状況です。とはいっても、用途としてはアマゾンプライムの動画を見るくらいしか使っていないので、レスポンス悪いくらいなら余裕で我慢できていたのですが、ちょっと前からプライムアプリの画面をスクロールするだけでアプリが落ちてしまう症状が頻発します。これはさすがに耐えられません。生活に支障が出ます。仕事で疲れた体と心をいやすのはプライムで配信されているアニメだけです。

 

買った当時が大体4万くらいで、6年使っていたので、1ヵ月換算で600円もしません。十分に仕事してくれたので、そろそろ引退の時期です。買い換えます。ちなみにかけらも期待していませんが、シンクライアントとして動作できればノートパソコンとして使っていく予定です。使える使えないにかかわらず、一応記事にしようとは思います。

  

サイバーマンデーセールのApple製品にはがっかり

サイバーマンデーセールはApple製品も対象ということで、ワクワクしながら待っていたんですよ。そしたらがっかりですよ。

www.amazon.co.jp

 

がっかりポイント1 -製品ラインナップ-

旧世代のiPad Proしかラインナップがありません(iPadに限った話。他の製品もラインナップ少ないですが)。がっかりポイント2で詳しく説明しますが、今の時期に旧世代のProを買う人はいないでしょう。

少なくともiPhoneや、無印iPadもラインナップが欲しかったです。iPad Proは一番安いモデルでも10万近くしますが、無印ならその半額程度で購入できます。

KindleやFireタブレットなので自社製品を売りたいのはわかりますが、こんなのだれが買うんだよってラインナップですね。

 

がっかりポイント2 -価格-

まず、そんなに安くない。値引きといってもせいぜい税金分(8%)程度です。それにポイントが最大で10%つくので、2割くらい安く買えるのでしょうが、今はpaypayで100億円ばらまきキャンペーンをやっているので対応している家電量販店で購入すれば、最新のiPad Proを購入しても差額はそれほど気にならないと思います。デフォルトで購入金額の20%ポイントがキャッシュバックされるし、運が良ければ10万円相当のポイントがキャッシュバックされます。

ホームボタンがないと嫌だっていう人は旧世代のものを購入してもいいかもしれませんが、いずれはApple製品すべての機種でホームボタンが撤廃されることが予想されるので、そういう人はわざわざ高いApple製品使わないで、安い中華製をいろいろ試して自分に合ったものを使ったほうがいいと思います。

 

Apple製品がだめなら、アンドロイドでいいじゃんかという結論に至りそうですが、前々から気になっていたHuawei製品が最近いろいろと話題になっているので、正直タダでも欲しくないですね。

www.fnn.jp

 

大型セールといいつつ安いものはない

楽天ブラックフライデーセールの時もそうでしたが、ガジェット系で結局そんなに安いものはないという結論に至りました。今使っているPCモニターも夏のアマゾンセールで購入したものですが、3か月後にはセール時の価格と同じ価格で通常販売していました。そりゃそうですよね。結局セールなんて在庫処分なんですから、いいものは高くても売れるわけですし。

 

さんざんディスって来ましたが、せっかくのセールなので小物を何かしら購入する予定です。その際は別途記事に上げます。

AviUtlインストール・設定

自炊再開。
後片付けがつらすぎて早くもあきらめムードな管理人。

 

SCCMのインストールは先週の時点で完了していたのですが、正直ブログに起こすのはめちゃくちゃ面倒です。

ということで、動画で起こしてYoutubeとかに投稿したいと思います。私が調べて中では、日本語でのSCCMのインストール動画はなかったのも投稿したい理由の一つです。

 

しかし、続けるもといい、そもそも投稿するかも疑問な状況なので無料の動画編集ソフトを使いたいと思います。それで今回は有名どころのAviUtlのインストールを行います。

 

必要資材

以下のサイトと画像を参考に必要な資材をダウンロードします。

AviUtlのお部屋

f:id:purt:20181202225312p:plain

 

L-SMASH Works r935 release2 – RePOPn

f:id:purt:20181202225346p:plain

 

まるも製作所 - AviUtl プラグイン

f:id:purt:20181202225406p:plain

 

OneDrive

f:id:purt:20181202225428p:plain

 

インストール

インストールといってもダウンロードしたフォルダを展開して、必要なファイルを取り出すだけです。

aviutl100.zipを解凍してできたaviutl100フォルダに必要なファイル類を移動します。

 

exedit92:すべて

f:id:purt:20181202230304p:plain

 

lanczos3-0.5.7:lanczos3.auf

f:id:purt:20181202230500p:plain

 

L-SMASH_Works_r935-2_plugins:lwcolor.auc、lwdumper.auf、lwinput.aui、lwmuxer.auf

f:id:purt:20181202230705p:plain

 

x264guiEx_2.57v3.zipについてなのですが、私の環境特有かもしれませんが普通に解凍すると正常に動作しませんでした。

そんなときは、zipフォルダを右クリックしてプロパティ画面を開きます。

全般タブのセキュリティ項目の「許可する」にチェックを入れてから解凍してください。

f:id:purt:20181202231054p:plain

 

解凍して中の「auo_setup.exe」を実行します。

AviUtlのフォルダパスを指定して、次へをクリックします。f:id:purt:20181202231406p:plain

 

以上でインストールは完了です。

 

設定

設定で言うほどの設定は行いませんが、設定→拡張編集の設定にチェックを入れます。

これでスライダーが表示され、編集が行いやすくなります。

 

ITエンジニア向け資格

はてなブログのヘッダー表示がおかしい。

ブログを書くのも一苦労な管理人。

 

一応ITエンジニアの端くれとして、日々勉強をしていると思いたい管理人ですが、目に見えるスキルアップの指標として資格があります。

いくらどの分野のエキスパートでも、例えば転職の際に初対面の人に対してどのようなスキルがあるのか明確に示すのに手っ取り早いのはやっぱり資格ですね。

 

ということで、インフラエンジニアの私がおすすめ、もといい、今後取得してく予定の資格を紹介していきます。

 

応用情報技術者試験

有名な情報処理の資格ですね。王道なので説明は省きます。

学生だと基本情報が挙げられますが、社会人で1年以上実務をこなしている人なら、応用情報取得したほうがいいと思います。

基本情報は持っていませんが資格自体が有名なので、過去問がめちゃくちゃ出回っています。以下のサイトは応用情報ですが、もちろん基本情報の過去問練習サイトも存在します。このサイトで、過去問を試して見た結果、個人的に資格取得という点で0から勉強するなら難易度はそこまでわからないと思いました。

www.ap-siken.com

 

LinuC(LPIC

LPICは世界でも通用するLinux技術者認定資格の一つです。それで、LinuCというのが今年あたりから導入されて、日本市場に最適化された資格となります。

一応入門のレベル1は取得済みなので、レベル2を取得したいと思います。

ちなみにレベル1はLinuxの基礎で、Linuxシステム自体の理解と基本的なコマンドやそのオプションといった感じです。

レベル2はまだ勉強していないのでわかりませんが、公式サイト見てみると、

Linuxサーバやネットワークを含むシステムの構築・運用・保守

Linuxのシステムデザイン、ネットワーク構築において、企画、導入、維持、トラブルシューティング、キャパシティプランニングができるエンジニアであることを証明できます。

ということでした。

レベル1と2は2つの試験に合格しないと取得したことにはなりません。さらにベンダー系の資格なので1回の試験につき1.5万円かかります。1つの資格を取得するのに最低でも3万円かかります。高いですね。会社勤めの人なら受験料もらえると思いますが、回数制限とかあるなら1発で合格したいですよ。

そんな人のために、以下のサイトがおすすめです。Linucの101の学習が無償でできます。※102は有料です。おそらくレベル2も同様となります。

ping-t.com

単純に試験に合格するという意味でであれば、参考書と公式サイトにある練習問題を行えば十分なんですけどね。

参考書のおすすめはいつも通り、アマゾンさんからこちらになります。

 

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト

現在の市場ですと、クラウド技術が旬ですからね。クラウドで有名なAWSの資格を取得を目指したいと思います。

AWSはかなりの頻度でサービスが更新されているので、参考書籍とか皆無です。0からのとっかかりとしてそういった書籍を買うのは有効ですが、色々と調べてみるととりあえず実践あるのみ、ということでした。

ということで、AWSは1年間無料で使えるプランがあるので、本腰入れて資格取得したい人は実際に触れて勉強するのがいいと思います。

有料にはなりますが、以下のサイトくらいしかよさそうな学習サイトはありませんでした。有料なだけ問題文の更新もしっかりとしているはずです。

aws.koiwaclub.com

 

とりあえず、取得予定の資格は以上になりますが、気になっている資格はほかにもいくつかあるので、その時のトレンドに合わせて柔軟に資格勉強していきたいと思います。

それでも応用情報はマストですね。

Windows Server 2016評価版 -ドメイン参加編-

貯金が100万円を切る。
サイバーマンデーセルとか言っている場合じゃない管理人。

 

いい加減Windows Server更新していきます。

SC製品をインストールしていきたいところですが、その前に各サーバのドメイン参加を行います。

ADサーバの構築は以下の記事となります。

it-keynotes.hatenablog.jp

 

ADサーバ側設定

スタートメニューより、DNSをクリックします。

f:id:purt:20181129221727p:plain

 

開いた直後は以下のような感じです。

f:id:purt:20181129222146p:plain

 

逆引き参照ゾーンの作成

私の環境だとすでに前方参照ゾーンは作られていました。しかし、逆引き参照ゾーンは未作成でしたので作成します。

ADサーバホストネームを右クリックして、新しいゾーンをクリック。

f:id:purt:20181129222128p:plain

 

基本的には次へをクリックですが、一部環境に合わせて設定を入れていきます。

f:id:purt:20181129222732p:plain

f:id:purt:20181129222750p:plain

f:id:purt:20181129222801p:plain

逆引き参照ゾーンを作成するのでこちらを選択。

f:id:purt:20181129222811p:plain

f:id:purt:20181129222844p:plain

ネットワークIDを指定。ipconfigコマンドで確認すれば確実。

f:id:purt:20181129222852p:plain

動的更新を許可しないを選択。

f:id:purt:20181129222943p:plain

f:id:purt:20181129223002p:plain

以上で逆引き参照ゾーンの作成は完了です。コンソール上にも確認できるとおみます。念のため、F5を押して更新しておくといいと思います。

f:id:purt:20181129223011p:plain


前方参照ゾーン配下のドメイン(今回の場合winsrv.local)を右クリックし、新しいホストの作成をクリックします。

f:id:purt:20181129223538p:plain

 

名前とIPアドレス欄にドメインに参加させるコンピュータ名、IPアドレスを入力します。この際に、関連つけられたポインターにチェックが入っていることを確認します。チェックがないと外部逆引き参照が作られません。

f:id:purt:20181129223735p:plain

 

前方参照ゾーンと逆引き参照ゾーンにそれぞれ登録されていることを確認できれば完了。

 

各種アカウント登録

コンピュータアカウントとユーザアカウントを登録します。

スタートメニューより、Active Directoryユーザとコンピュータをクリックします。

f:id:purt:20181129224844p:plain

画像に従い、ユーザを登録します。ドメインに参加、参加後に使用するアカウントとなります。

f:id:purt:20181129224926p:plain

f:id:purt:20181129224958p:plain

続いてコンピュータ。こちらはドメインに参加するコンピュータのホスト名を入力します。

f:id:purt:20181129225040p:plain

f:id:purt:20181129225048p:plain

 

ドメイン参加コンピュータ設定

ADの設定が終わったので、実際にドメイン参加を行います。ここからの操作はドメインに参加するコンピュータで行います。

まずはコントロールパネルを開きます。

システムとセキュリティ→システム→設定の変更→変更と進みます。

f:id:purt:20181129225741p:plain

f:id:purt:20181129225750p:plain

f:id:purt:20181129225759p:plain

f:id:purt:20181129225811p:plain

所属するグループのドメインを選択し、ドメインを入力します。私の環境の場合、winsrvです。winsrv.localではないので注意しましょう。

f:id:purt:20181129225818p:plain

資格情報を求められるので、先ほど登録したユーザ名を入力します。

f:id:purt:20181129225923p:plain

ドメイン参加完了のウィンドウが出れば成功です。

再起動して設定を適用させます。

f:id:purt:20181129225955p:plain

ログインする際は、他のユーザより、ドメイン参加時に使用したアカウント(ADに登録してるアカウント)でログイン出来れば完了です。

 

いい加減SC製品インストール記事作成したいです。

自作アバター作成計画

ブラックフライデーセールでディスプレイ買えばよかったかなと後悔中な管理人。

 

steamのオータムセールでfacerigを購入しました。

store.steampowered.com

 

facerigとはなんぞ、という方向けに簡単に説明すると、だれでもVtuberになるれソフトです。

 

カメラから取得した人間の表情をPC側で処理して、アバターを同じように動かすことができるようになります。実況動画などを出す際に、顔出しするのが恥ずかしや抵抗があるという方にはもってこいのソフトです。

私はゲームの実況動画を出す予定はかけらもないですが、Windows Serverでのソフトのインストールや設定についての動画を出せればいいかな程度には考えているので、いい感じに仕上げられれば動画公開も検討します。

 

それでこのfacerig、デフォルトや有志の方が公開した無料のアバターなどたくさんあるようですが、自分で作った3Dモデルなども動かすことができるようです。既製品を使っても面白くないし、著作権周りとかいちいち調べるのが面倒なので自分で作ります(動画公開する場合はfacerig自体の利用規約は調べないとだめですが)。

正直ちゃんと調べていませんが、モジュール(有料)を追加する必要があるようですが、言ってもそこまで高くないようですので、挑戦してみたいともいます。

 

上記リンクからわかるようにオータムセール中なので、今なら本体が1000円ちょっとで買えます。モジュールとか合わせても2000円あれば買えるんじゃないですかね?

開発環境はちゃんと調べ次第、記事にします。

 

開発環境はまだ調べていないにしても、フリーで有名どころのモデリングソフトであるblenderを使えば、自作アバターを動かくことができるようなので、とりあえずこれはインストールだけ済ませておきます。以下サイトからダウンロードできます。

blender.jp

 

ちなみに私のモデリング経験ですが、学生の頃にMAYAを触ったことがありますが、難しすぎて速攻で投げた記憶しかありません。

 

あとfacerigの使い勝手ですが、カメラがないのでやっていません。

とりあえず安物でいいのでカメラ購入します。

日本語環境で英字キーボードを使う方法

Google Home Mini結局購入見送り。
アマゾンサイバーマンデーセールに期待の管理人。

 

本日は前回紹介したキーボードが英字配列だったので、日本語入力できるように設定していきたいと思います。

it-keynotes.hatenablog.jp

 

Windowsの設定→時刻と言語

f:id:purt:20181125174643p:plain

 

左ペインの言語を選択。

インストールされている言語をクリック→オプション

※画像ではEnglishが選択されていますが、日本語を選択してください。

f:id:purt:20181125174757p:plain

 

ハードウェアキーボードレイアウトのレイアウトを変更をクリック。

f:id:purt:20181125174937p:plain

 

英語キーボードに変更してOKをクリックします。

f:id:purt:20181125175105p:plain

 

 

基本的にこれで完了です。

おそらく初期設定だとAlt+`(バッククォート)でかな英数切り替えができると思います。

記号の位置は日本語配列とは違いますが、_(アンダーバー)や\(バックスラッシュ)、|(パイプ?)など打てるようになりました。

 

日本語のキー配置で使いたいんだけど、という方は必要な文字を辞書登録して変換して使うという方法がありますが、そういう人は無難に日本語配列のキーボードを購入したほうが効率的に幸せだと思います。

 

ものすごく小ネタですが、Windows Serverの学習のほうがこけまくってネタがありません。いまだに解決していないので、こういう小ネタが続くかもしれません。