【ガジェットレビュー】薄型メカニカルキーボード

SCCMインストール失敗。

Windows Server勉強の進捗が皆無な管理人。

 

本日はネタもないので、以前に白銀のRyzenPC環境構築計画で購入したメカニカルキーボードの紹介でもしようかと思います。

 

以下記事で簡易ですが画像は載せてあるので、気になる人は確認してください。

it-keynotes.hatenablog.jp

 

購入したのは以下のリンクのものです。

※アマゾンリンクです

DREVO Joyeuse 超薄型 メカニカルキーボード 茶軸

 

執筆時点では売り切れ。マーケットプレイスにも出品がない状況です。そんなに人気なんですかね。それとも結構長い間クーポンがばらまかれていたので、よっぽど人気ないんですかね。

下記のレビューのほうで詳しく書きますが、先にっておくと英字配列です。

一応日本語入力できるように設定する方法を次回の記事で紹介しますが、何が何でも日本語配列派という方にはご縁がない代物ですね。

 

デザイン

私がこのキーボードを購入したポイントは、まずデザインです。

白基調かつ薄型のキーボードを探していたので、条件にマッチしました。正直ゲーミングキーボードのようなごついキーボードはスタイリッシュでないので好きではありません。薄型で存在感を強く主張しないシンプルなものが好きなのです。

で、実物を見てみると、やっぱりメカニカルキーボードというだけあって、若干厚みはあります。しかし、キー間に凹凸やら盛り上がりがないので、分厚いという印象は全くありません。

アップルのマジックマウスのような余計なものすべて取り除いたスタイリッシュマウスと並べると違和感バリバリですが、多機能ボタン付きマウスや、ゲーミングマウスと並べても違和感がない程度のごつさはあります。その点も踏まえて、デザインは合格点です。

あとは個人的にどうでもいいですが、キーボードが光ります。光るパターンを色々設定できるようですが、あまりピカピカしてもうっとおしいのでタイピングしたキーだけ光るように設定してあります。Bluetoothに対応していますが、常時ピカピカ光らせるともちろんバッテリーの減りは早くなります。

 

打ち心地・打キー感

カニカルキーボードは初めての購入なので良し悪しはわかりませんが、個人的には満足です。

軽くタイピングしても反応はしっかりしてくれますし、押した際の沈まり具合もちょうどいいです。

打キー音に関しては、打つ速度や強さにもよると思いますが、そこまでうるさくはないです。思いっきり押せばそれなりの音はしますけど、先も言った通り、そんなに強く押さなくてもきちんと反応してくれるので問題ないです。

でも普段からバカ力でタイピングする人には不向きかもしれません。まあそういう人はどの物理キーボード使っても同じだと思いますけどね。

全体的にいいコメントしか書いていませんが、悪い点を上げるとミスタイプが増えました。理由はキーとキーの間に隙間がなく、密集しているからです。正直テンキーいらないので、キー間に余裕持たせてくれたほうがありがたかったです。

 

キー配列

デザインに目が引かれて完全にリサーチ不足でしたが、英字配列です。

冒頭でも述べた通り、何が何でも日本語配列派という方にはご縁がない代物です。

日本語配列のキーボードと多少キーの位置は違いますが、印字されているのでそこまで不便というわけでもないです。

しかし、Windows側の設定で、日本語キーボードレイアウトにしてしまうと印字されている文字と実際に入力される文字が変わってくる部分があるし、そもそも_(アンダーバー)と\(バックスラッシュ)が打てません。

これは死活問題ですが、設定変更すれば最低限は満たせるので、次回に設定変更方法の記事を書きます。

 

総評

不満はありますが、速攻で買い替えるレベルではないです。

しかし、英字配列よりもやっぱり使い慣れた日本語配列のほうがいいですね。慣れればなんてことないよ、とかいう人もいるかもしれませんが、仕事ではもちろん日本語配列のキーボードを使っているので、ミスタイプが増えそうで嫌です。

それに加えて、VMwareなどの仮想マシンをコンソールで操作するときに英字配列だと\(バックスラッシュ)が打てないのでめちゃくちゃ不便です。おそらく仮想マシン側の設定が優先されているのでしょう。\のためだけにスクリーンキーボードを立ち上げるのはうーんって感じですね。

けど、Hyper-Vはクライアント側の設定を受け付けてくれるので問題ないです。Hyper-Vを導入した今、VMwareの使用頻度はがくんと下がったのでまあいいかな状態です。

やっぱり日本語配列キーボードのものを買いなおそうかな、とか思いましたがデザイン的に満足のいくものがないし、英字配列でも入力自体にに問題があるというわけではないので(vmware除く)とりあえずはこのまま使ってみようと思います。

まあ日本語配列でいいものあったら100%買い替えます。

 

Windows10にHyper-Vを導入

土鍋購入。

自炊再開を考え中の管理人。 

 

前回、windowsserver2016の評価版をCorei7 8700K × GTX1080マシンに導入しましたが、サブで使っていたwindows10が使えなくなります。

白銀のRyzenPCによく使うデータは移行したのですが、ライセンスが絡むソフト、容量の大きなデータなどは面倒なのでまだ移行していません。

ということでサブPCは以前と同じようにwindows10で運用して、windowsserverはHyper-Vの機能を使って、仮想で運用していきたいと思います。

 

ちなみにwindows10でHyper-Vを使用するには一般向けですとエディションがPROである必要があります。

HOMEの人は、vmwareなどのほかの仮想化ソフトを使用してください。

まあHyper-Vにこだわる理由は、windowsserverのついでの勉強したいというだけなんですけどね。でも同じMS製品なので、親和性が高いかもしれません。これから使っていくので、どっちがいいのかまだわかりません。

早速Hyper-Vの設定を行っていきます。

 

Hyper-Vの有効化

コンパネ→プログラムのアンインストール

Windowsの機能の有効化または無効化

Hyper-Vにチェック(下の階層もすべてチェック)

再起動

スタート→Windows 管理ツール→Hyper-Vマネージャー

f:id:purt:20181117204753j:plain

f:id:purt:20181117204901j:plain

f:id:purt:20181117205020j:plain

f:id:purt:20181117205151j:plain

 

ここまででHyper-Vの有効化は完了です。続いて、仮想マシンの登録です。基本的に直感で操作できるようになっています。

 

仮想マシンの登録

Hyper-Vマネージャー:物理マシンのホスト名を右クリック→新規→仮想マシン

開始する前に:次へ

名前と場所の指定:仮想マシン名の入力

※必要な場合は、仮想マシンの保存先の設定

世代の指定:第1世代を選択→次へ

メモリの割り当て:起動メモリの指定→次へ

ネットワークの構成:接続の指定→次へ

仮想ハードディスクの接続:仮想ハードディスクを作成するにチェック

名前、場所、サイズを指定する

※基本的にデフォルトでいいです

インストールオプション:ブートCD/DVD-ROMからオペレーティングシステムをインストールするにチェック

イメージファイルを選択して、windowsserver2016の評価版ISOファイルのパスを指定

仮想マシンの新規作成ウィザードの完了:完了

f:id:purt:20181117205421j:plain

f:id:purt:20181117205442j:plain

f:id:purt:20181117205520j:plain

f:id:purt:20181117205713j:plain

f:id:purt:20181117205759j:plain

f:id:purt:20181117205825j:plain

f:id:purt:20181117212835j:plain

f:id:purt:20181117213256j:plain

f:id:purt:20181117212848j:plain

 

仮想マシンの起動・接続

仮想マシンを右クリック→起動→接続

f:id:purt:20181117213050j:plain

f:id:purt:20181117213108j:plain

 

インストール画面が表示されれば成功です。

Windows Server 2016 にADサーバー構築

そろそろブログに飽きてきた管理人。

 

以前紹介した、WindowsServer2016の評価版にADサーバー構築していきます。

構築といってもGUI環境で、ちょちょいのチョイっとやるだけなので、難しいことはしません。

 

ADサーバーの構築

ログインするたびに開くサーバーマネージャです。

管理→役割と機能の追加をクリック

f:id:purt:20181115230235j:plain

 

役割と機能の追加ウィザードが開きますが、基本的に次へ。

サーバーの役割の選択画面:Active Directory ドメインサービス

Active Directory ドメインサービスに必要な機能を追加しますか?:機能の追加

 最後はインストールが完了したことを確認します。

f:id:purt:20181115230630j:plain

f:id:purt:20181115230635j:plain

f:id:purt:20181115230641j:plain

f:id:purt:20181115230645j:plain

f:id:purt:20181115230649j:plain

f:id:purt:20181115230653j:plain

f:id:purt:20181115230657j:plain

f:id:purt:20181115230702j:plain

f:id:purt:20181115230709j:plain

f:id:purt:20181115230713j:plain

 

インストール後はサーバーマネージャーの旗印のところに黄色くビックリマークが出るので、クリックします。

旗マーク→このサーバーをドメインコントローラーに昇格する

 

f:id:purt:20181115230920j:plain

 

Active Directory ドメインサービス構成ウィザード画面が開くので、画像の通り設定していきます。

新しいフォレストを追加する

ルートドメイン名:winsrv.local

f:id:purt:20181115231100j:plain

f:id:purt:20181115231132j:plain

f:id:purt:20181115231137j:plain

f:id:purt:20181115231143j:plain

f:id:purt:20181115231157j:plain

f:id:purt:20181115231203j:plain

f:id:purt:20181115231207j:plain

ここまでくれば、勝手に再起動します。

 

ドメインユーザの作成

再起動後は、ADサーバが構築されていますが、ドメインユーザをまだ作成していません。そのためローカルユーザでログインします。

 ユーザ名:.\administrator

パスワード:administratorのパスワード

 

ログイン出来たら、ドメインユーザを作成します。

サーバーマネージャー→ツール→Active Directory ユーザとコンピュータ

f:id:purt:20181115231544j:plain

 

Active Directory ユーザとコンピュータ→winsrv.local→User→新規作成→ユーザー

f:id:purt:20181115231754j:plain

 

画像の通り、適当な名前とパスワードを設定します。

f:id:purt:20181115231827j:plain

f:id:purt:20181115231831j:plain

f:id:purt:20181115231842j:plain

 

最後にログインできるか確認して終了です。

Windows 標準のリモートデスクトップの場合

コンピュータ名:WindowsサーバーのIPアドレス

ユーザ名:ドメイン名\ユーザー名 例)winsrv\winsrv001

 

これでログインができれば成功です。

次は別PCのドメイン参加をやっていきます。

WindowsServer2016評価版インストール -ネットワークドライバのインストール-

ブログネタがない。

早くも息切れの管理人。

 

前回WindowsServer2016の評価版をインストールしましたが、トラブルの達人の管理人です。

インストール直後は何とも思っていませんでしたが、ネットに出られません。最悪です。

 

搭載されているマザーボードの内臓LANであるI219-VはWindowsServer2016をサポートしていないようです。ということで、どうしたものかと思っている中、天下のGoogle先生に尋ねてみると、I219-LMのドライバをインストールして、I219-Vを使えるようにするという方法を見つけました。

正直、一番ヒットするのはINFファイル書き換える方法だったのですが、面倒だったので、I219-LMのドライバのインストールで手を打ちます。

あまりにも通信速度が遅いとかになれば、INFファイルを書き換える方法を試してみたいと思います。

 

I219-LMドライバのインストール

Windowsボタンを右クリックして、デバイスマネージャーを開きます。

f:id:purt:20181114221249p:plain

 

画像はすでにドライバをインストール済みですので、ネットワークアダプターのところに、I219-LMがあります。ドライバーが入っていない状態ですと、ほかのデバイスのところに、ネットワークアダプターみたいな名前があると思います。それを右クリックしてプロパティを開きます。

f:id:purt:20181114221533p:plain

 

プロパティ画面が開いたら、ドライバーの更新をクリック。

f:id:purt:20181114221622p:plain

 

コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します、をクリック。

f:id:purt:20181114221702p:plain

 

コンピュータ上のデバイスドライバーの一覧から選択します、をクリック。

f:id:purt:20181114221745p:plain

 

製造元は、IntelもしくはIntel Corpotarion。

モデルは、Intel(R) Ethernet Connection I219-LMを選択して次へ。

f:id:purt:20181114221923p:plain

 

この後、確認画面みたいなのが出てきますが、インストールを強行してください。

 

本来なら前回の記事を書き直すべきなのですが、記事稼ぎとして使わせていただきます。冒頭でも言った通り、自作PCとラズパイネタが尽きてきたので、早くも息切れです。そろそろ毎日更新はあきらめようと思いますが、自作パソコン、ラズパイ、WindowsServer周りはネタが上がり次第更新していきます。

しかし、WindowsServerをせっかくインストールしたので、ADサーバの構築やらHyper-Vとか使ってみたいと思います。

WindowsServer2016評価版のインストール

恋愛話についていけない。
一生独り身な管理人。

 

今回はハイスペックのくせに余っていた物理マシンのCorei7 8700K×GTX1080に勉強用にWindows Server 2016をインストールしたいと思います。

とはいってもWindows Serverなんぞ企業用。べらぼうに高いです。安いものでも22万しました。16コアライセンスが使えるとのことなので、8コアCPUを1台しか積んでいない物理マシンに対してい、2台までインストールすることができるということでしょうか。

よくわかりませんが、どの道こんなものを買っても、がっつり使う予定もないので、おとなしく無料の評価版をインストールします。

利用期限が半年というだけで、フル機能が使えたはずです。以下からダウンロードします。

Microsoft Evaluation Center

私は評価ファイルのタイプは「ISO」、会社名は「個人」と入力しました。あとは特に迷いませんので省略します。

 

インストールメディアの作成

ISOのダウンロードが完了したら、インストールメディアの作成を行います。ISO自体が7GBくらいあるので、余裕をもって16GBくらいのUSBメモリを用意したほうがいいかもしれません。

ISO to USBというフリーのソフトがあったので、これを使います。Windows 10にはディスクイメージのマウント機能がありますが、書き込む機能とかもあるのでしょうか。最近までWindows7しか使っていなかったので、書き込む機能あればそっちを使ったほうがいいかもしれませんね。なければ、おとなしく以下のリンクからソフトを落として使ってください。

これも直感で操作できそうなので、使い方は省略します。

forest.watch.impress.co.jp

 

Windows Server 2016のインストール

USBブートの設定

BIOSの設定からUSBブートを有効にします。この部分は環境によって変わってくるので、各自で調べてください。

参考までに私はMSIマザーボードを使用しているので、赤枠の部分を変更すれば、USBを先に読み込むようになります。

f:id:purt:20181113231231j:plain

 

Windows Serverのインストール

基本的に画像だけです。

わからない部分は、画像を参照してください。f:id:purt:20181113230112p:plain

f:id:purt:20181113230324p:plain

f:id:purt:20181113230358p:plain

f:id:purt:20181113230403p:plain

f:id:purt:20181113230409p:plain

f:id:purt:20181113230431p:plain

f:id:purt:20181113230432p:plain

 

再起動後に管理者のパスワードを設定します。

f:id:purt:20181113231852p:plain

画面にある通り、Cttl+Alt+Delでロックを解除しまします。

f:id:purt:20181113231857p:plain

パスワードを入力します。

f:id:purt:20181113231946p:plain

ログイン出来れば成功です。

f:id:purt:20181113232008p:plain

 

右下に有効日数が表示されていますね。半年間です。大事に使いましょう。

普通に使う分にはWindows 10などのデスクトップと同じです。勉強用にADサーバとか構築して行こうかと思います。

 

--2018/11/14追記

場合によってはネットワークアダプターが認識されず、ドライバーのインストールが必要です。その場合は以下の記事を参照してください。

it-keynotes.hatenablog.jp

Windows共有ファイルの設定

今日は早く帰れたと思っても、結局残業1.5時間。

ホワイト企業勤めの管理人。

 

ラスパイにSambaを導入してWindowsのバックアップサーバとして活用しようとしましたが、なぜかバックアップが失敗します。

以前にCentOSにSambaを導入した時は問題なくバックアップが取れたので、ラズパイ側が原因だと思います。

今後色々調べて改善していく予定ですが、とりあえず現状でメインマシンのバックアップが取れていないのは心配なので、代替案として余っていたWindows7に共有ファイルを作成してバックアップサーバ化したいと思います。

ラズパイ自身のバックアップは次回以降で機能追加していきます。

 

ちなみにWindows7のサポート終了は2020年の1月です。あと1年ちょっとですね。完全ローカルバックアップサーバでネット出さなければ大丈夫な気もしますが、やっぱり心配なので、それまでにラズパイを改善したいと思います。

 

バックアップ環境構築

環境構築と言っておきながら構築というほどのことはしません。

コンピュータ名の変更 -ホスト側-

バックアップサーバとして使っていくWindows7のマシン名を変更したいと思います。

今回はわかりやすく、Windows Backup Serverの略称としてWINBKSRV001とします。今後増えていくかわかりませんが、001のように通し番号をつけておきます。

変更の方法は、ベーシックにシステムのプロパティから行います。システムのプロパティを開くまでに、やり方は人それぞれだと思いますが、わからない人は以下を参照してください。

  1.  コンピュータのシステムのプロパティ
  2. コンピュータ名、ドメインおよびワークグループの設定の設定の変更
  3. コンピュータ名タブ内の変更
  4. コンピュータ名の欄を入力(今回はWINBKSRV001)
  5. 再起動

f:id:purt:20181111202215p:plain

f:id:purt:20181111202559p:plain

f:id:purt:20181111202603p:plain

f:id:purt:20181111202608p:plain

 

バックアップ用ユーザの作成 -ホスト側-

ファイル共有する前にバックアップ用のユーザを作成しておきます。多少はセキュリティ面に考慮しておきます。今回の設定では基本的にローカルからしか接続はできませんけどね。

  1. コントロールパネルからユーザアカウントの追加または削除
  2. 新しいアカウントの作成
  3. ユーザ名を入力し標準ユーザを選択、アカウントを作成
  4. 作成されたユーザをクリック
  5. パスワードの作成
  6. パスワードの入力

ここが原因でこけたのですが、1回ログインしてください。でないと設定が反映されないのか、クライアントからアクセスしようとしたときにこけます。

f:id:purt:20181111204828p:plain

f:id:purt:20181111204833p:plain

f:id:purt:20181111204841p:plain

f:id:purt:20181111204844p:plain

f:id:purt:20181111204855p:plain

f:id:purt:20181111204856p:plain

 

ファイル共有 -ホスト側-

続いてファイル共有です。

共有したいフォルダを右クリックして共有していくのですが、今回はHDD丸ごと共有します。やり方は以下の通りです。

  1. 共有したいフォルダ、ドライブを右クリック
  2. 共有→詳細な共有をクリック
  3. 共有タブの詳細な共有をクリック
  4. このフォルダーを共有するにチェックを入れる
  5. 共有名にわかりやすいものを指定
  6. 同時に共有できるユーザは初期値でもいいです
  7. アクセス許可をクリック
  8. 追加をクリックしてbackup001を追加
  9. フルコントロールにチェックを入れてOKをクリック
  10. フォルダのプロパティの共有タブ内のネットワークパスに記載されているパスを、クライアント側のエクスプローラーのアドレスに入れてアクセスできることを確認

f:id:purt:20181112223003p:plain

f:id:purt:20181112225239p:plain

f:id:purt:20181112225244p:plain

f:id:purt:20181112225246p:plain

 

資格情報の追加 -クライアント側-

ここでまたしてもトラブルです。

普通にエクスプローラのアドレスに共有ファイルのリンクを入れてもはじかれます。

資格情報を追加して、認証を突破できるようにしましょう。

普通、資格情報を入れれば認証は通るのとおもうのですがそれでもだめ。なぜか再起動をしたらアクセスできるようになりました。

でもこういうのって普通、認証画面が出てくるものではないでしょうか。今度調べてみます。

  1. コントロールパネルを開いて、資格情報マネージャーをクリック
  2. Windows資格情報、Windows資格情報の追加をクリック
  3. 資格情報を入力してOKをクリック
  4. 再起動

f:id:purt:20181112222505p:plain

f:id:purt:20181112222513p:plain

f:id:purt:20181112222520p:plain

 

 

ラズパイに接続した外付けHDDと比べると爆速です。PCのスペックや、転送速度を考えれば当然ですね。

個人PCのバックアップなんて1週間に1度でもいいので、週末だけ電源を入れてバックアップすれば問題なさそうです。わざわざ劇遅のラズパイをバックアップ先にする必要もないと思ってきました。

ラズパイにCronでWakeOnLanを、Windows側はタスクスケジューラーでバックアップ完了後にシャットダウンコマンドを仕込んでおけば完全に自動化できそうですね。まあパッと思いついた自動化方法なので、もっといい方法がありそうですけどね。

 

しかし、問題点が一つ。バックアップ先のHDDが年代物です。中古で購入したPCに付属していたHDDなのですが、単純に私が使用していた年数が3年ちょっと。HDDの寿命が3~4年といわれているので、完全にアウトです。バックアップ先がぶっ壊れているとなると笑えません。

HDDは同価格でもSSDより大容量なので、4Tくらいのものを購入して、パーティションを分割して、バックアップ用とNAS用にしてもいいかもしれません。ということで、ラズパイはお払い箱かもしれませんね。

今年中にHDD買います。

 

RaspberryPi環境構築 -ブラウザからSSH接続-

Insider Program参加で1809にアップデート。
ファイルが消えないか心配な管理人。

 

今回もラズパイの環境整えていきます。

便利なパッケージをインストールして行きたいと思います。

 

WebブラウザからSSH接続できるようなパッケージをインストールします。

 

インストール

sudo apt-get install openssl shellinabox

設定の確認

sudo vim /etc/default/shellinabox

ポート番号を確認します。
デフォルト値だと4200になっていますね。必要に応じてポート設定を変更してください。もちろんデフォルトでいい人はこのままでいいです。

# Should shellinaboxd start automatically
SHELLINABOX_DAEMON_START=1

# TCP port that shellinboxd's webserver listens on
SHELLINABOX_PORT=4200

# Parameters that are managed by the system and usually should not need
# changing:
# SHELLINABOX_DATADIR=/var/lib/shellinabox
# SHELLINABOX_USER=shellinabox
# SHELLINABOX_GROUP=shellinabox

# Any optional arguments (e.g. extra service definitions). Make sure
# that that argument is quoted.
#
# Beeps are disabled because of reports of the VLC plugin crashing
# Firefox on Linux/x86_64.
SHELLINABOX_ARGS="--no-beep"

ポート設定

前回のSamba編で書き忘れましたが、ファイアウォールの設定アプリのインストールを行ってポートを開けておきます。

sudo apt-get install ufw


ufwの設定

ファイアウォールを無効化してから各種ポートの設定を行い、有効化するします。
ファイアウォールの無効化

sudo ufw disable

・ポート設定

TCPで4200ポートを設定する場合

sudo ufw allow 4200/tcp

・特定のプロトコルによるアクセスを許可する場合

例)shellinaboxの許可

sudo ufw allow shellinabox

 ファイアウォールの有効化

sudo ufw enable

ShellinaBoxサービスの起動

sudo systemctl start shellinabox

・接続確認
以下のアドレスにアクセスし、接続できるか確認する

http://サーバのホスト名:設定したポート番号
https://サーバのホスト名:設定したポート番号

 

f:id:purt:20181111105140p:plain

使い勝手は正直悪いです。しかし、緊急用に用意しておけば安心感がちょっと変わります。デスクトップやWebアプリに使えたりしたらいいですね。

本職はインフラエンジニアなので、アプリ開発はできたらいいな程度ですが、時間と技術があれば監視用コンソールでも自作してみようと思います。