Macの音声読み上げ機能の音声を保存する方法

本日はiMovieで動画編集をしていました。

 

なんの動画編集していたかといえば、友人がYoutubeにあげているゲーム実況の動画です。

 

正直言って、その友人は趣味程度でゲーム実況しているので、チャンネル登録者数とか2桁で、広告収入をもらうには程遠い存在なのですが、将来的に有名になり私をスタッフとして雇ってくれれば会社をやめられて、ウハウハで御の字です。

 

というのはかけら程度で、Youtube一本で、食べていける人なんてほんの一握りです。アフィリエイターもそんな気がしますが、Youtuberよりかは確率が高いでしょう。

Youtubrになるにしても、アフェリエイトなどで事前に知名度をあげておけばおこずかい程度の収入は得られるはずです。Youtubeの規約が改定されて、それも怪しい時代ですが、今の時代生きて行く上で、収入源は複数あったほうが安心なので、Youtuberも収入源の一つとして考えるのもありですね。

 

それで、本日は久しぶりにITネタの記事を書こうと思います。

 

iMovieで動画編集をしているときに、便利だな、と思ったMacの機能を備忘録として残しておこうかと思います。iMovieの使い方については、直感でどうにかなったり、サイトが充実しているので別の機会に記事に起こそうかと思います。

 

Macの音声読み上げ機能

 

それで、本日紹介するMacの便利機能は、音声読み上げ機能です。

動画編集しているときに、動画説明の補助機能として音声が欲しいと思っていました。しかし、自分の声を録音するのもおかしな話なので、だったら機械音声でいいものはないかと探していたら、たまたまMacの音声読み上げ機能がヒットしました。

 

Webサイトの文字の読み上げはもちろんのこと、テキストエディタに起こした文字も読み上げてくれます。

 

設定方法

以下の手順で、スピーチを開きます。このスピーチが、音声読み上げ機能の設定画面となります。

システム環境設定→アクセシビリティ→スピーチ

システムの声をKyokoさんになっていることを確認します。おそらくこれが日本語に対応しているものだと思われます。後、カスタマイズからOtoyaさんという方もいました。

 

読み上げ速度はお好みで設定し、ショートカットを有効にしておきましょう。動画で使用しようと思っている方ならば、あとあと便利になります。

 

音声の保存

テキストエディタやメモを開いて、適当な文字を入力してみましょう。読み上げたい部分を選択して、ショートカットで設定されているボタンを押せば読み上げが開始されます。

 

それで、保存をしたいときは、保存したい音声を選択した状態で、

右クリック→サービス→スポークントラックとしてiTunesに追加

※システムの声は日本語音声に対応しているKyoko、Otoyaのどちらかを選択しましょう。

名前は適当で大丈夫です。

これで保存完了です。

設定方法の部分で動画などで使用する場合、ショートカット有効にしておいたほうが良いと言ったのは、音声をなるべく確認した方が良いからです。

例えば、今回の私が行った動画編集では、

心臓の弱い方は〜(しんぞうのよわいカタは)

 という音声があったのですが、実際に動画で確認してみると、

心臓の弱い方は〜(しんぞうのよわいホウは)

と読み上げていました。あとで編集のし直し、とかならないようにするために、ショートカットキーですぐに確認できるのですから、なるべく確認するようにしましょう。