アマゾンVineを目指してみる

アマゾンVineとは天下のアマゾン様からに選ばれしものが、サンプルや新作商品のレビューを書いてもう代わりに、その商品をタダでもらえる素敵なビジネスです。

 

以下引用です。

Amazon Vine 先取りプログラム(以下、「本プログラム」)とは、お客様に予約商品や新商品のサンプルをご利用いただき、ご意見やご感想をカスタマーレビューとして投稿いただく、招待制プログラムです。

詳しくは以下を参照です。

Amazon Vine 先取りプログラムとは?

 

ここで注目して頂きたいのが、招待制だということです。

ではどのようにしたら招待されるのか。それは、アマゾンでレビューをたくさん書くことです。

しかし、ただレビューを書くだけではダメです。今現在僕はVineのメンバーではないので、どうやったらなれるか、調べたものをまとめてみます。

 

アマゾン Vineになるためには

役に立つレビューを書く

アマゾン の商品レビューの下の方に、以下のような文言があると思います。

◯人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?

 これで多くの人から、参考になったといただけるレビューを多く書けば良いのです。

基本的には、これだけですが1つの商品で仮に何百何千と参考になったをいただいてもダメです。多くの商品で、多くの参考になったレビューを書かなければなりません。

 

商品購入はアマゾン から

多くの商品で多くの参考になったレビューを書くわけですが、その商品をアマゾンから買った方が確率が上がるようです。

この説明だと、ちょっと語弊がある部分がありますが、つまりはアマゾンで多くの買い物をしている人が選ばれやすいようです。

 

いいことばかりでもないVineメンバー

欲しくない・興味ない商品のレビュー

色々と調べてみると、欲しくない商品や興味のない商品のレビューも依頼されることもあるようです。私は結構文章を書くことが好きな方だと思うのですが、それは自分の好きなジャンルだからです。興味ないもののレビューを書いてくれと言われても、その商品の魅力はどこなのか、他の商品と比べてどこが優れているのかわかりません。そうなったら結構苦痛だと思います。

 

悪い評価は実は書き辛い

アマゾンVineのヘルプページには以下のように書かれています。

レビューについては、内容が肯定的、中立的、否定的であるかにかかわらず、商品を実際に使った感想を、詳細な情報を添えて客観的に書くことが求められます。

しかし、実際は新商品のPR文章を書いてくださいと言われているようなものです。そこで否定的なレビューというのはなかなか書き辛い部分があります。

そのため必然的に肯定的なレビューばかりになり、Vineメンバーのレビューはサクラ臭いと言われ参考にならない評価が増えることもあるようです。

 

まとめ

アマゾンVineになるためには
  • 役に立つレビューを書く
  • アマゾンから多くの商品を購入する
いいことばかりでもないVineメンバー
  • 欲しくない・興味ない商品のレビュー
  • 悪い評価は書き辛い

 

余談

アマゾンの購入の8、9割が漫画、もしくは参考書でした(Kindleストア)。引っ越し直後は色々と入り用であったため、雑貨から家具など購入していましたが、落ち着いてからは近くのお店に売っていない雑貨程度です。

そんな状態ですが過去1年間の購入履歴から、商品のレビューを確認してみたのですが、Vineプログラムでレビューを書いているものがありませんでした。Vineプログラムでレビューを書かれているものは緑色の文字で文言が出ます。

漫画や参考書はそれなりに購入しているのと思うのですが、1件もVineプログラムのレビューがないところをみると、対象外なのかもしれません。

 

しかしVineメンバーになれるように頑張りたいと思います。