会社員は移動時間だけで1日3時間のロス

突然ですが、私の平日と休日のタイムスケジュールを書いてみたいと思います。

 

平日の1日

2時〜8時:睡眠

8時:起床

8時〜10時:着替えなどの出勤準備&通勤(電車)

10時〜19時半:仕事

19時半〜20時半:退勤(電車)

20時半〜21時:夕食

21時〜22時:食後のまったり&食器洗いなど

22時〜23時:ブログの執筆

23時〜1時:ブログ活動以外のフリーランス活動

1時〜2時:動画鑑賞

 

休日の1日

2時〜9時:睡眠

9時:起床

9時〜11時:掃除、洗濯、家事全般

11時〜2時:フリーランス活動、買い物、食事、休憩、お風呂など

(買い物1時間、食事2食分で1~2時間、休憩の動画鑑賞2~3時間、お風呂など1時間)

フリーランス活動時間=8時間

 

比較して移動時間が一番勿体無い

休日のフリーランス活動時間としては平日、普通に働いている時間とさほど変わりませんね。しかし、食事1食換算1時間というのは自炊をした場合です。あまりよろしくないことですが、最近はほとんどコンビニやスーパーのお弁当、すき家の牛丼なので、実際は2食で1時間程度ですし、掃除も土日のうち片方しかやりませんので、掃除をしない日は2時間の余裕が生まれます。

 

この決定的な差はやはり移動時間ですね。多くの人が利用する電車は時間が決まっています。そのため、多少早かったとしても、決まった時間の電車に乗らなければなりません。駅まで距離があればその分歩いたり、自転車で移動しなければなりません。その部分も時間ロスですね。

私の場合は、駅までの徒歩移動に往復40分(アパートの最寄り駅と会社への最寄り駅の合算)、退勤時の電車の待ち時間や乗換、遅刻しない時間に早めの出勤で20分なので、1日1時間もの実質何もしていない時間が生まれています。

電車に乗っている間は本を読んだりできるのは事実ですが、密集している車内に加え、乗換を気にしてしまう私からしたら読書に身が入りません。そう考えると、往復1時間半の通勤時間も何もしていない時間になります。

 

実際は1日の半分も仕事をしている可能性大

通勤電車の状況や、そもそもの通勤時間などで大きく変わってきてしまいますが、私のような会社員の場合、1日が21時間ちょっとしかないといっても過言ではないのです。

 

言い換えれば、1日8時間勤務というのは嘘っぱちで11時間勤務といっても過言ではないのでしょうか。実に1日の半分も働いているのです。これに残業が加われば、さらに悲惨な1日となってしまいます。

 

11時間勤務で決まった給料がもらえる保証はつきます。しかし、仕事をやめる1番の理由が人間関係というアンケートが出ています。嫌な人が職場にいれば、安定とはかけ離れてしまうのです。

フリーランスになれば、111時間よりも多くの時間仕事をする可能性もあるでしょう。それでも私は人間関係で悩みの少ないフリーランスの方が良いと思っています。正直今の職場も人間関係で悩んでいるので。

 

安月給でもいいの、生活できて、人間関係に悩まされない、そんな生き方をしたいと切に願っています。