年収300万てすごく多くないのではないだろうか

年収300万て結構多いと思うんですよ。毎月の手取りで25万、ボーナスを込みで考えれば22、3万で達成できるわけですが、これってすごいことではないでしょうか。

 

街コンとかで求められている年収が1000万とかバカみたいな金額で、メディアはそこしかピックアップされていないのか、本当にバカしか来ていないのかわかりませんが、年収300万あれば結構自由な暮らしができると思うんですよ。

 

今現在新卒1年目の私の手取りが、16~17万くらいです。

しかし、これでも毎月3万貯金できます。会社指定の賃貸アパートに住んでいるので、家賃は安いですが、そうでなくても別の出費(私の場合はタバコなど)を切り詰めれば毎月1万2万の貯金なんて余裕でできます。

 

毎月3万貯金なら約1400万円

ということで、毎月3万円の貯金を怠らなければ以下のようになります。

3万円×12か月×40年=1440万

 

約1400万の貯金。老後に必要な資金が3000万といわれていますが、これは夫婦の場合です。単純に半分にすれば1500万なので目標値までは届いていませんが、おおよそ大丈夫ではないでしょうか。

 

私が会社員を仮につづけたとして、いくら仕事ができない私でも年功序列の名残で勤続年数とともにちょっとずつ給料もボーナスも上がっていきます(ボーナスは実績での変動が大きいですが)。

そういった背景も加えて、20年間3万円貯金、もう半分は5万円貯金したとして、

3万円×12か月×20年 + 5万円×12か月×20年 = 1920万円

2000万近く貯金できているのです。今現在私は毎月1万円の奨学金の返済を行っておりますのでその返済が終われば、4万円貯金は確実にできます。あとの1万は年功序列の給料アップということで。

 

持家ローンを払い終えており家賃がかからないとかの要素もあるかもしれませんが、それでも片田舎のワンルームアパートで暮らす分には申し分ないでしょう。

ものすごく夢のない話になってしましましたが、つまり何が言いたいのかといえば、年収300万あれば、1人で生きていく分には十分だということです。

 

これまでの私の貯金成績

ちなみに私は、平均したら毎月3万円貯金達成できています。平均したらというのは、残業代+ボーナスという観点から言っております。引っ越してしばらくは家具などの調達に加えて、ソシャゲの課金、ITガジェットなどの購入などお金使いが荒かったと思いますが、通帳を確認したら3万円貯金達成できていました。

 

達成できた要因として、友達も恋人もいない、趣味はネットサーフィンとアニメ鑑賞なので、タブレット1台で事足りるといった点が大きかったでしょうね。友達も恋人もいないというのは長期的に見たらマイナスなような。。。

友人がいなくてよい一番のメリットは、年収を比較して落ち込まなくて済むことくらいですね。

 

つまりは、お金のかかる趣味はほぼほぼないということです。一応PCゲームのほうに参入したいと思っていますが、初期投資が高い(20~30万)だけで、数年は使えるもの(ゲーミングPCという観点では解像度落とせば)なので、結果的には毎月1万円程度の出費と考えればそうでもないと思います。

 

結婚したら?

これまで独身目線でしたが、では結婚したらどうでしょうか。子供がいなければ、世帯年収が500万あれば不自由なさそうに思います。夫婦になれば、パートナーとある程度共有するわけなので、独身時代の支出を単純に2倍する必要はないでしょう。特に家賃とか。

 

子供ができたら、もうプラス100万ほしいところですが、500万でも貯金は思うようにできなさそうですが、それでも生活は大丈夫だと思います。

子供が就職した後に、いかに老後を支えてくれるかが大切になってくる面もあるので、ヤンキーにならないようにしないとダメですね。

 

私結婚していないので、ネットの浅い情報から予測して書いているだけなので、こういう甘い考え反吐が出る! という方もいらっしゃるでしょうが、当面は独り身を楽しみたいと思っているので、結婚後の資金は本気で結婚を考えるようになってからきちんと調べて考察するので今回はお許しください!(その前に相手を見つけないと。。。)

 

まとめ

完全に私の独断と偏見の内容の記事になりました。こういう考えを持って、高みを目指さない人もいるんだな、ととらえてください。もっと優しく表現するなら控えめな人ということで。

 

ということで、年収300万目指します。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------

先日の記事に星を付けてくださった方ありがとうございます!

星を付けていただいたにも関わらず、翌日は残業で記事を書けなかった点、本当に申し訳ありませんでした。

しかし、見てくれている人がいるという実感は記事を書く励みになります。

今後ともよろしくお願いします!