タバコのメリット・デメリット

目指せ禁煙というシリーズで記事を書いている身、もちろん私は喫煙者です。

タバコなんて、臭いし、汚れるし、健康にも悪いイメージしかないと思いますが(実際そうなんですけど)、少なからずメリットもあります。
本日は、そんなタバコの数少ないメリットを紹介しようと思います。

 

タバコのメリット

タバコを吸っている人になれる

意味わからないですね。それもそうですよね。喫煙者なんだからタバコ吸っている人ですよね。
しかし、ここでいうタバコを吸っていると言うのは、例えば飲み会などの場合です。

以前に私は会食恐怖症だと言ったと思います。それに加えてお酒も飲めないときた。
食事もダメ、お酒もダメに加え、会話も苦手なコミュ障の三重奏。

そこまで来ると普通の人ならボーとするしかありません。しかし、喫煙者ならタバコを吸っている人になれるのです。
烏龍茶などをすすっていれば、一人でウーロンハイ(烏龍茶)を嗜む人ですよ。
タバコを吸っていれば無理にお酒や食事を取る必要もないですし、分煙叫ばれている現代なら、喫煙室にエスケープという方法もあります。こうすることで自然とワイワイ楽しそうにしている輪の中に入っていけなくても自然ですね! 会話の輪に入る方が100倍今後のためにも、健康のためにもいいのですけどね。

 

精神統一ができる

イライラや何らかの不安に押しつぶされそうな時に、タバコを吸うととても落ち着きます。ニコチン切れからの一服で落ち着くのだろと思われた方、まあ正解ですが、それだけではありません。

私の経験則を含む憶測になりますが、ニコチン切れからの一服でイライラが解消するので、ニコチンとは全く別のイライラでもタバコを吸うという行為自体にイライラ軽減効果がつくようになるのです。例えば、自分の要領の悪さにイライラしたり、重要な案件の仕事を任されて不安な時など、とりあえずタバコ吸えば、リラックスできます。
多分、タバコ吸っていなかったら私はこのブログを書くことなく天に召されていたと思います。
ユラユラ揺れる煙と、ぼおっと光る火。これを見ていれば、精神統一とまで言っていいのかわかりませんが、少なくとも気を紛らわすことが簡単にできるようになります。
だけど、もう一度言いますが、これはあくまで私の経験則の話です。

 

タバコのデメリット

言わずとも、デメリットなんてわかりますよね。
ついでにタバコのデメリットについても、書いておきましょう。
臭い(部屋・口臭・身につけているもの)
汚れる(部屋・歯・身につけているもの・爪)
金銭的問題(高い)
健康に悪い(自分も、自分の周りの人々に対しても)
デメリットは他にも様々なものがあるかもしれませんが、代表的なものはこんなところでしょう。詳しく説明しなくとも、お分かりだと思うので、詳しい説明は割愛しますね。

 

まとめ

デメリットに対してメリットが些細ですね。もう吸ったら最後、後戻りできないとはなりませんが、相当な努力が必要になります。

私自身もタバコのデメリットしっかりと把握しているので、禁煙を目指しているわけですので、しっかり禁煙できるように頑張っていきたいと思います。