気分転換にはやっぱり部屋の模様替え

つい先日病院へ行って、精神安定剤を処方されました。

そのおかげか、仕事の方が一山終えて、気が楽になったおかげか吐き気の方はだいぶ楽になりました。まあ完治までとはいかないんですけどね。そりゃさすがに2日3日で治るようなものでもないでしょうからね。

 

ところで、私、めでたく社会人歴1年目を突破して、2年目となりました。私の代は4月1日が土曜日でしたので、3日が始業。つまり本日で勤務歴2年目です。

 

入社直後は新人研修ということで平凡な毎日。研修終了後は経験を積ませるために小粒な案件でストレスだって許容範囲内。

 

しかしある日突然地獄はやってくるのです。大体半年前から始まった新規プロジェクト。社外秘てんこ盛りなので詳しいことは話せませんが、めちゃくちゃストレスがたまる。第一に入社半年の私に、要件定義から設計をやらされる。鬼のようにダメ出しされ、何度もやり直し。そのため、製造やテストにかけられる時間が限りなく少ない状態で、納期ギリギリになって毎日12時までの残業。一応三六協定はしっかり守るという方針なので月の残業時間は45時間でしたが、休憩時間も仕事していたので、実際はもっと多くなります。休憩なんてとっていたら終わりません。

 

そんな怒涛の半年を過ごし、ようやく地獄のプロジェクトも終焉に近づいてきました(実際は4月の下旬で終了)。

今は受注元が検収作業を行っているので、定時で帰れていますが、バグなどが出てしまえばまた残業地獄です。

 

バグが出ないことを祈りつつ、定時で帰れている今を楽しむとしましょう。

 

で、前置きが長くなってしまいましたが、今日は1周年記念に今度の休みに模様替えでもしようとか寡作して執筆します。

 

私の部屋は1Kのロフト付きです。ロフトは万年床で寝室として扱っていますが、このロフトに一工夫を入れたいと考えております。

 

一工夫といっても寝室以外の用途、例えば物置にして生活空間を広くする、動画編集やゲームなどの趣味ルームにする。

 

ロフト部分の天井はかなり低いので、椅子に座ってPCとかはかなり難しい状態です。私はあぐらをかいたり、正座したりすると膝が痛くなってしまう、体育すわりだと今度はお尻が痛くなってしまう、さらに体が硬いので足を延ばしながらは腰などに負担がかかってしまう、という鬼のように面倒くさい体をしているので長時間の作業となれば椅子は必須。

 

物置にしたらしたで、生活空間と寝室一緒になってしまい、個人的にあまりよろしくない。

 

何かいいアイディアがあればぜひ教えていただきたいものです。

とりあえず構想が固まったらまた記事に挙げたいと思います。