Windows Server 2016 にADサーバー構築

そろそろブログに飽きてきた管理人。

 

以前紹介した、WindowsServer2016の評価版にADサーバー構築していきます。

構築といってもGUI環境で、ちょちょいのチョイっとやるだけなので、難しいことはしません。

 

ADサーバーの構築

ログインするたびに開くサーバーマネージャです。

管理→役割と機能の追加をクリック

f:id:purt:20181115230235j:plain

 

役割と機能の追加ウィザードが開きますが、基本的に次へ。

サーバーの役割の選択画面:Active Directory ドメインサービス

Active Directory ドメインサービスに必要な機能を追加しますか?:機能の追加

 最後はインストールが完了したことを確認します。

f:id:purt:20181115230630j:plain

f:id:purt:20181115230635j:plain

f:id:purt:20181115230641j:plain

f:id:purt:20181115230645j:plain

f:id:purt:20181115230649j:plain

f:id:purt:20181115230653j:plain

f:id:purt:20181115230657j:plain

f:id:purt:20181115230702j:plain

f:id:purt:20181115230709j:plain

f:id:purt:20181115230713j:plain

 

インストール後はサーバーマネージャーの旗印のところに黄色くビックリマークが出るので、クリックします。

旗マーク→このサーバーをドメインコントローラーに昇格する

 

f:id:purt:20181115230920j:plain

 

Active Directory ドメインサービス構成ウィザード画面が開くので、画像の通り設定していきます。

新しいフォレストを追加する

ルートドメイン名:winsrv.local

f:id:purt:20181115231100j:plain

f:id:purt:20181115231132j:plain

f:id:purt:20181115231137j:plain

f:id:purt:20181115231143j:plain

f:id:purt:20181115231157j:plain

f:id:purt:20181115231203j:plain

f:id:purt:20181115231207j:plain

ここまでくれば、勝手に再起動します。

 

ドメインユーザの作成

再起動後は、ADサーバが構築されていますが、ドメインユーザをまだ作成していません。そのためローカルユーザでログインします。

 ユーザ名:.\administrator

パスワード:administratorのパスワード

 

ログイン出来たら、ドメインユーザを作成します。

サーバーマネージャー→ツール→Active Directory ユーザとコンピュータ

f:id:purt:20181115231544j:plain

 

Active Directory ユーザとコンピュータ→winsrv.local→User→新規作成→ユーザー

f:id:purt:20181115231754j:plain

 

画像の通り、適当な名前とパスワードを設定します。

f:id:purt:20181115231827j:plain

f:id:purt:20181115231831j:plain

f:id:purt:20181115231842j:plain

 

最後にログインできるか確認して終了です。

Windows 標準のリモートデスクトップの場合

コンピュータ名:WindowsサーバーのIPアドレス

ユーザ名:ドメイン名\ユーザー名 例)winsrv\winsrv001

 

これでログインができれば成功です。

次は別PCのドメイン参加をやっていきます。