Amazonで買ったもの -その1-

PCパーツの空箱が捨てられない。

どこに収納するか思案中な管理人。 

 

Amazonで買ったものを紹介します。

f:id:purt:20181117224215j:plain

 

まずはHDD。

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 2TB

3.5インチの2TBモデルです。バックアップ用のwindow 7に搭載します。普通のHDDなので割愛します。

 

f:id:purt:20181117224808j:plain

続いて、M.2用のヒートシンク

AINEX M.2 SSD用ヒートシンク

以前に紹介した白銀のRyzenPCのM.2SSDに装着するために購入しました。ヒートシンク本体と両面テープかわりの熱伝導シートが付属しています。執筆時点だと、本体価格は575円でお手頃ですが、合わせ買い対象商品なので2000円以上でないと購入できません。

f:id:purt:20181117225537j:plain

装着するとこんな感じです。

ちなみに両面テープ代わりの熱伝導シートは超強力というわけではないのですが、M.2SSDが薄いので、一度張り付けると二度とはがせないものと思ってください。

f:id:purt:20181117225807j:plain

本体に装着するとこんな感じ。陰になっている上にほとんど見えないですね。ぶっちゃけつけなくてもよかったです。

 

3点目はケーブル固定具。

AGPTEK ケーブル固定具

PC内の配線整理用に購入しました。

f:id:purt:20181117230354j:plain

購入した固定具が悪いわけではないですが、結局PC内部のケーブルの整理には限界がありますね。ほとんど変化ありません。

固定具としては、ある程度の太さにも対応できるし、普通の結束バンドのように余った部分の切り取りも簡単、両面テープも簡単には剥がれない感じですのでものはいいです。約800円で大量に入っているのもコスパいいですね。

PC内部のケーブル整理は、隠したり目立たなくするというよりかは、どうきれいに見せるかを検討したいと思います。そしたらスリーブガイドとかになりますかね。

 

最後はUSBケーブル。

ELECOM microUSBケーブル

WEUTOP Type-C 巻き取り式 USBケーブル

モニターの裏にUSBハブを配置して、そこに巻き取り式のUSBをケーブルを装着すれば必要な時だけ引っ張って、使わないときはうまく隠せる、という想定で購入したのですが正直言って失敗です。

巻き取り式のケーブルは初めて購入したのですが、オス、メス両端を同時に引っ張らないとうまく伸ばせません。

先で説明した通り、モニターの裏に配置して、必要な時だけ引っ張り出す使い方を想定していたのでものすごく使いにくいです。

それにELECOMのほうは巻き取るときに、中央のELECOMロゴをプッシュすれば巻き取れるのでいいのですが、Type-C(おそらく中華性)のほうはボタンプッシュに対応していません。ある程度引っ張れば巻き取ってくれる感じです。これはAmazonレビューを見ていれば回避できた問題ですが、初めて巻き取り式のケーブルを買ったので、このボタンプッシュの巻き取り方式が重要だとはかけらも考えていませんでした。

これはものすごく使いづらいので、普通のフラットケーブルに100均のマジックテープ巻きつけてモニターの裏側に張り付ける方式に変更しようと思います。

ちなみに2本のケーブルについてワイヤレス機器(キーボード・イヤホン)の充電目的で買ったので、スマホの充電や通信速度は不明です。基本的に私はスマホとPCのデータはクラウドでやり取りするので、通信速度は気にしないんですよね。

 

更新頻度的に厳しので、これからはこういう小ネタもブログネタにしていこうと思います。