日本語環境で英字キーボードを使う方法

Google Home Mini結局購入見送り。
アマゾンサイバーマンデーセールに期待の管理人。

 

本日は前回紹介したキーボードが英字配列だったので、日本語入力できるように設定していきたいと思います。

it-keynotes.hatenablog.jp

 

Windowsの設定→時刻と言語

f:id:purt:20181125174643p:plain

 

左ペインの言語を選択。

インストールされている言語をクリック→オプション

※画像ではEnglishが選択されていますが、日本語を選択してください。

f:id:purt:20181125174757p:plain

 

ハードウェアキーボードレイアウトのレイアウトを変更をクリック。

f:id:purt:20181125174937p:plain

 

英語キーボードに変更してOKをクリックします。

f:id:purt:20181125175105p:plain

 

 

基本的にこれで完了です。

おそらく初期設定だとAlt+`(バッククォート)でかな英数切り替えができると思います。

記号の位置は日本語配列とは違いますが、_(アンダーバー)や\(バックスラッシュ)、|(パイプ?)など打てるようになりました。

 

日本語のキー配置で使いたいんだけど、という方は必要な文字を辞書登録して変換して使うという方法がありますが、そういう人は無難に日本語配列のキーボードを購入したほうが効率的に幸せだと思います。

 

ものすごく小ネタですが、Windows Serverの学習のほうがこけまくってネタがありません。いまだに解決していないので、こういう小ネタが続くかもしれません。