【2018年末】PC環境・デスク回り紹介

アマゾンプライムアニメ最新話突然有料。
いつ配信してくれるのかとても不安で夜も眠れない管理人。

 

2018年あと少しで終わりですね。

2019年を清々しい気分で迎えるために、今のうちに部屋の模様替えを行いました。模様替えといっても、PCデスク回りの整理整頓だけなんですけどね。そこで今回は私のPCデスク回りを紹介したいと思います。

 

 

すべてが手の届くところに

f:id:purt:20181216202640j:plain

すべてが手の届くところに、がコンセプトです。

ワンルームマンションの隅にPC機器はすべて配置しています。以前は壁際に縦一直線に寄せていたのですが、それだといちいち移動しないと作業できませんでした。

そこで画像の通り、コの字型にデスクを配置してすべてのPC機器を集中させてあります。

簡単にすべての機器にアクセスできて快適です。

 

デスク左側はPC本体と物置場

f:id:purt:20181216203919j:plain

デスクの左側は、以前にこのブログでも紹介した白銀のRyzenPCの筐体が置いてあります。

it-keynotes.hatenablog.jp

 

その上にあるモニターは、検証機とバックアップ用のWindows7に接続している検証用のモニターです。

最初はメインマシンを3画面で使おうかと思って長いモニターアームを購入したのですが、視野角がめちゃくちゃ狭い。見上げたら何も見えません。2,3年前に購入したものですが、21インチで7000円くらいの激安品でしたので、まあしょうがないかなという感じですね。正面から見れば、普通に使えます。

基本的に検証機や、バックアップ用マシンはリモートデスクトップで接続するので、ほとんどこのモニターを使用する機会はないのですが、リモデで接続できないなどの問題が発生した際に使います。

 

あとはフィギュア。統一性がないですが、何となく気に入ったものを購入しているだけです。

ほむらは台座がぶっ壊れたので、購入時に入っていたプラスチックの保護用の型に布を噛ませてごまかしています。フィギュアなんて集めだしたらきりがないので、自分が気に入っていればなんでもいいです。

 

続いてデスクですが、奥行きが45センチしかなく、作業がし辛かったのでお蔵入りとなっていましたが、サイドテーブル扱いとすれば優秀です。飲み物だったり、買い物してきたものを一時的に置くのに最適です。

あと、撮影し忘れましたが、このデスクの下にバックアップ用のマシンがあります。週に1回バックアップを実行するときだけ起動します。共有フォルダを設定しているので、バックアップ使用の範囲ならモニターの出番はないです。

 

メインデスク

f:id:purt:20181216210128j:plain

中央に配置されたメインデスクです。

 

キーボードは以前の記事で紹介したものを使用しています。誤って英字配列のキーボードを購入してしまいましたが、デザインが気に入っているのでそのまま使用してます。強いて文句を言うなら、Bluetooth接続時に誤作動が多い点ですね。キー入力の遅延とキーの連打。レシーバーが壊れているのか、キーボードが壊れているのかわかりませんが、USB接続モードにしてからは誤作動がなくなくなりました。

 

モニターは今年にアマゾンの夏のセールで購入したものです。普通に気に入っているのですが、白銀のRyzenPC計画において、黒フレームはいただけないので金がたまったらシルバーフレームのものに買い換えます。

 

f:id:purt:20181216211252j:plain

右ディスプレイ下からちょびっと飛び出しているのはRaspberryPiです。で、ラズパイからさらに飛び出している白い基盤は赤外線モジュールです。赤外線モジュールは先日のサイバーマンデーセールで購入しました。値段的にはかけらも安くなっていませんでしたが、ポイントがもらえる分安く買えたと思いましょう。

主な用途としてはエアコンの操作ですが、照明のON・OFFや扇風機の操作にも使うかもしれません。とりあえず、コマンドベースでエアコンの電源を入れることには成功したので、次回以降の記事に上げたいと思います。

あと、ケースをどうしようか悩んでいます。一応フリスクサイズということなので、いいものがなければフリスクのケースを加工して自作ケースを作ろうかと思います。さすがにこの時期は静電気が怖いので。

 

右デスクはMacと物置スペース

f:id:purt:20181216212153j:plain

右デスクはMacと物置スペースです。

 

Macが使える程度には作業スペースを確保してあります。友人のゲーム実況の動画編集をしていた時は、Macの編集ソフトが使いやすかったのでよく使用していましたが、Ryzenを購入してからはWindowsに戻りました。特に不満があったというわけではないのですが、高校生のころから憧れていた自作PCに手を出して、白銀のRyzenPCに愛着が出てしまったのでWindowsを使っているだけです。

 

Macの左側が、シルバーストーンの煙突型PCケースです。中身はIntel Core i7 8700Kです。Hyper-Vを入れてWindows Serverの勉強用に使っています。基本的にすべてリモートデスクトップで作業しているので、モニターはつけていません。

煙突型PCケースの上に見えるのは、モニターアームで固定したSurfaceです。明後日の方向を向いているのは、光沢ディスプレイなので管理人が映らないようにするためです。作業時の動画鑑賞用兼、撮影用として使っています。カメラ性能はいまいちなんですけどね。

 

手前のはサーバーマンデーセールで購入したコーヒーメーカーです。コーヒーなんてほとんど飲まない人生を歩んできたのですが、休みの日の惰眠対策として導入しました。ちなみにコーヒー買い忘れたので、まだ一度も作動していません。

 

奥のほうには使用頻度が高くも低くもないノートパソコンやキーボード類が収納してあります。本当に使用頻度が少ないものは、このデスクの下に棚がついてあるのでそこに格納してあります。

 

f:id:purt:20181216215410j:plain

結局使いものにならなかったワイヤーネットPCは横の棚に引っ掛けてあります。画像ではマグネットのフックで固定していますが、強度が心配なので今はS字フックに変えています。

結局シンクライアントとして使えなかったし、見た目も予想通りダサいので撤去しようかと思っていますが、いつぶっ壊れてもいい検証環境としては優秀なのでもうちょっとだけ置いておこうかなと思います。

というか、画像で見えるごちゃっとした配線はほとんどラズパイなので、先にそっちをどうにかしたいですね。

 

課題・方針

画像では見えないですが、デスクの下やモニターの裏側など、配線がぐちゃぐちゃです。2週間くらい使用して、大きな不満がなければ長く使っていくので配線類もまとめようと思います。

追加で機材を購入すれば、場合によっては模様替えしますが、今年は一切貯金せずにガジェット類を購入してしまったので、来年は控えるので大丈夫なはず。

 

2点目は引き出しがない。

小物類の保管、管理はダイソーで購入した小物入れにまとめて突っ込んでいるので、取り出しにくく利便性が悪いです。

特に書類や書籍関連の収納が壊滅的なので、そのあたりを改善していきたいです。