【悲報】Surface Pro3 ぶっ壊れる

まだ2回しか使っていないコーヒーメーカ故障。
燃えないゴミの日に処分することを決意した管理人です。

 

Surface Pro3がぶっ壊れました。悲しすぎて涙が止まりません。

連休最終日だったのです、いい加減Facerigでアバターを作成しようと思い、Surface Pro3を起動したのですが、開発の前に週に1度の恒例たるバックアップ取得をしていたら突然のブルースクリーン。死亡です。意味が分かりません。

自動修復でも治らず、挙句の果てに初期化も不可能。

原因は全く分かりませんが、こんな時はWindowsクリーンインストールです。先月はメインPCの白銀のRyzenPCがぶっ壊れ、続いてSurfaceもぶっ壊れ、月に数回はWindowsのインストールを行っています。もはやWindowsインストールの達人です。

今回は備忘録なので解説少なめです。

 

 

Windows10のクリーンインストール 

Windows10インストーラーの作成

Windows 10 のダウンロード

リンクの『ツールを今すぐダウンロード』をクリックして、ツールをダウンロードします。

その後、ダブルクリックで起動。

画面に従って、インストーラーを作成していきます。

 

SurfaceのUSBブートの設定

SurfaceのUSBブートのやり方はMicrosoft公式のページに記載されていました。

USB デバイスから Surface を起動する

リンクの通りにすればUSBブートが可能です。

重要な点は、Windows10インストーラーの作成でダウンロードしたツールでインストーラーを作成しないと正常にブートできません。

 

リストアができない

で、バックアップしていたので、リストアすれば元通りだと思ったのですが、パーティション構成が変わっているのわかりませんが、なんかリストアできません。最悪です。

ベンダー系のバックアップソフトを使用していたのですが、やっぱりWindows標準のほうがいいのかなと思いましたが、初期化すらできなかったのでどの道クリーンインストールは免れなかったと思います。

年末休暇までにはソフト類のインストールを済ませて元に戻しておきます。

 

Facerig開発

肝心のアバター作成ですが、ノートパソコンでやるのは無理がったのではないかと思います。デスクトップで開発で開発をしたいと思います。

しかしWebカメラがありません。

ということで、スマートフォンを使って、Webカメラ代わりにできるのではないかと思い調べてみたら、ありました。

以下のリンクからWindowsのソフトをインストールし、スマホの方はPaly Store(私の環境がアンドロイドなので)から『DroidCam』と検索してアプリをインストールします。

DroidCam

www.dev47apps.com

直感でわかると思いますが、スマホ側にIPアドレスが表示されるので、PC側に打ち込みます。

ちなみに無線接続以外にも、USBで接続できるようですが、私は未検証です。

私の環境だと無線でもシスムーズに動作し、Facerigもしっかり顔を認識してくれました。Surfaceのインカメラよりも高画質なのでいい感じです。アームなどで固定して、デスクトップ環境で開発を行っていきたいと思います。

 

せっかくの連休なのに、無駄なことで1日を消費してしまいました。とっても悲しいです。